mesona 株式会社共英メソナ

●運輸事業
 当社は平成18年12月14日に、平成18年度貨物自動車運送事業安全性評価事業において、貨物自動車運送事業法に規定する輸送の安全確保等に関する下記事項について、「安全性優良事業所」として認定を受けました。
当初、この認定の有効期間は当初、平成19年1月1日〜平成20年12月31日まででしたが、以降、更新を続け、現在は平成28年1月1日〜平成31年12月31日までの4年間となりました。
 評価事項
  T.安全性に対する法令の遵守状況
  U.事故や違反の状況
  V.安全性に対する取組の積極性

貨物自動車運送事業安全性評価事業の詳細はこちら >>> 社団法人全日本トラック協会

共英メソナのもうひとつの得意分野−
それは「鐵鋼運輸」で培ってきた専門技術と業務遂行能力です。

 当社は、電気炉による製鋼業で日本を代表する企業・共英製鋼株式会社の運輸・構内荷受等を担う専門会社として誕生しました。以来、鉄鋼関連物流の分野でプロフェッショナルとして実績を蓄積してきました。
 築炉作業・造粒・モールド整備・鉄筋加工といった特殊技術を要する分野では、高度な技術サービスを提供。緻密な精度が求められるこれらの専門作業において、当社の技術スタッフの妥協を許さない優れた仕事ぶりと技術力は高い評価をいただいています。
 また、精整・製品受入・クレーン作業・はい積といった構内作業から、在庫管理・配車手配・出荷・輸送分野まで一連の作業・業務をトータルで請負う体制を整えています。とりわけ、長大重量物である鉄鋼製品の管理は、優れた作業能力とともに厳しい安全対策が求められます。当社では無事故・高品質の作業遂行において長年にわたり実績を重ねてきています。
専門技術をさらに幅広い分野で−
業種・業態を超えて当社の能力を活用いただくアウトソーシングサービスに取り組んでいきます。

 専門技術や、構内作業をはじめとする総合的な業務遂行能力は、業種・業態を超えてご活用いただくことが可能です。当WEBサイトでも紹介しています「メスキュード」システムは、回収・運搬・処分までの一連の流れをトータルシステムとして構築していますが、ここでも運搬・管理業務で蓄積したノウハウが活きています。
 たとえば、長大重量物の運搬を突き詰めていくことによって、鉄筋加工などにおける事前工程を増やし、現場加工を短縮することも可能になります。また業務全体のトータルな請負に限らず、業務を構成している個々の工程の中から、作業・技術・管理ノウハウなどをスポットで選択・活用いただく方法もあります。
 グループ内にとどまらず幅広い分野でのアウトソーシングニーズを積極的に顕在化させたうえで、そのニーズにお応えし、トータルでもユニットでも柔軟に対応できるアウトソーシングサービス企業として、お客様との広がりを期待しています。
鍋田倉庫−
新たな物流拠点の開始。

鍋田倉庫
 共英製鋼グループにおいて運輸・構内役務の専従業者としての実績を踏まえて共英製鋼(株)名古屋事業所の外部倉庫として弥富市の鍋田地区に倉庫を建設、敷地面積17,710平方メートル、建築面積7,031平方メートル、最大収容能力20,000Tの大型倉庫を保有しました。取り扱い品目は共英製鋼(株)名古屋事業所のネジ鉄筋丸棒であり、鋼種・外径・長さ毎に置き場設定し、バラ出荷の効率化を図り、即納体制の確立に寄与することとなりました。
恵まれた置き場スペースを生かしたスピーディーで的確な在庫管理体制を構築し、お客様の期待に沿えるようなサービスを提供していきます。
新しいビジネス展開に向けた取り組み−
たとえば「総合物流シンクタンク」

 長大重量物の運搬事業で培った輸送システムを広く深く展開するために、あらゆる角度から分析・検討していく社内シンクタンクを設立し、自動運転システム等による安全運行・高度ナビゲーションシステムによる情報提供・効率的な配車計画作成など、ITS分野への取り組みや、公共交通機関との連携など陸路の枠を超えた物流効率の追求など、やわらか発想で新たな可能性を見つけていきたいと考えています。ご期待ください。

鍋田倉庫内部

もどる