mesona 株式会社共英メソナ

   
  社長  
「環境」をテーマに、やわらかな発想力で、まじめな実行力で、お客さまのために、社会のために、未来のために、「メソナ・モデル」の構築を目指してまいります。
 
「環境」と言えば、とかく自然環境ばかりに目が向けられがちですが、生活環境・労働環境・地域環境など人の暮らしを取り巻くすべてが環境であると、私たちは考えます。そして改善されるべき環境問題は、実に多岐にわたって存在しています。
当社は、日本を代表する電気炉製鋼メーカー・共英製鋼株式会社の運輸部門を担当する会社として事業展開して参りました。旧社名「鐵鋼運輸興業株式会社」の由来です。
昭和から平成に移行する頃、共英製鋼で製鋼用電気炉を活用して医療廃棄物を超高温溶融により完全処理する技術を確立しました。電気炉の特長を活かした金属缶による回収により、医療現場の方々・廃棄物回収関係者を針刺しなどの二次感染事故から守る画期的なシステムの誕生です。さらに、処理過程で発生する鉄成分は鉄資源として、鉄以外の成分は土木工事用の再生砕石として活用することにより、ゼロエミッションについても実現を果たしました。
回収・運搬から処理までを一貫してシステム化した医療廃棄物処理のビジネスモデルともいうべき「メスキュード」は、おかげさまで特許を取得し、全国の代理店ネットワークとともに実績を積み重ねて参りました。運輸部門で育んできたトランスポートシステムを、回収・運搬過程はもとより、排出事業者であるお客さまが負われる責任に対して、透明性の高い管理体制でお応えすることにも大いに活用できました。
当社では、やわらか発想を大切に、新しい環境価値創造に貢献するビジネスモデル「メソナ・モデル」の確立に今後も取り組んでいきたいと考えております。私たちの合言葉「できぬできぬは工夫が足りぬ」どおりに、発想の概念・システムの概念・スタイルの概念からの脱皮に、やわらかな発想で臨むことで、新たな視点で、新たな何かを創りだせる―社員一人ひとりがそのような信念をいだき、まじめに明るく元気に取り組んでいきます。
株式会社共英メソナの挑戦と創造に、より一層のご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
 

もどる